プロ仕様の実戦型付けの詳細 グラブ型付け 加工 投手、内野手、外野手、捕手、一塁手、オールラウンド

プロ仕様の実戦型付けについて

プロ野球選手のグラブを数多く手掛ける職人(大手メーカー在籍)から、『技』と 『心』を受け継いだメーカー公認の当社グラブフィッターがグラブ・ミットをより完成に近づけるための『型付け』を行います。プロ野球選手(特に投手)が綺麗なグラブを実戦や試合前の練習で使用しているのはこの『実戦・型付け』をして契約メーカーが選手に納品しているケースが多いためです。

 

実戦型付け:機械使用のたたき作業動画

YouTube Preview Image

グラブ、ミット専用のパンチングマシンです。グラブ・ミットを両手で固定しながら必要な個所をピンポイントで動かしながら叩きます。こちらは機械を使用してのたたき作業の一部分の動画です。

 

実戦型付け:グラブのもみ・たたき作業動画

YouTube Preview Image

当社のグラブフィッター用に特注したグラブ・ミットのもみ・たたき台。こちらはグラブ型付けの際のもみ・たたき作業の一部分の動画です。

 

プロ仕様の「実戦型付け」のグラブ型

グラブ・ミットの出来上がりの型は下記の3タイプよりお選びください。硬さについても柔らかめのソフト仕上げと適度に硬さの残ったノーマル仕上げをお選び頂けます。加工代金は3,000円(+消費税)です。

 

スタンダード型

グラブ、ミット本来の原型を生かして仕上げる型です。ポケット位置は一般的にはウエブの下側です。親指とその他の4本指で挟みこむように捕球するプレーヤー向き。キャッチャーミット、および、ファーストミットはすべてこちらのスタンダード型となります。

YouTube Preview Image

 

ボックス型

特徴:土手部分のしっかり感を残し、親指と小指の曲がり易さを重視した型です。ポケット位置はウエブ下から手の平部中央より作ります。特に親指と小指に力を入れて(その他の3本指はあまり動かさない)、捕球するプレーヤー向き

 

YouTube Preview Image

 

フレックス型

特徴:5本の指が自由に使える型です。
ポケット位置:内野手用は手の平(浅めの仕上がりになります)。内野手以外はウエブ下側。
捕球スタイル:内野手用の浅めの仕上がりタイプは手の平にあてて捕球するプレーヤー向き。

 

YouTube Preview Image

 

仕上げの硬さに関して

ノーマル:少し慣らせば試合に使用できる柔らかさに仕上げます。
ソフト:すぐにでも試合に使用できるくらいの柔らかさに仕上げます。
柔らかさはグラブの革の質により異なります。ノーマルでも握力が約30kg以上あるプレーヤーでしたら柔らかさを感じて頂けます。しかし、握力があまりな い小学生などは型付け後も少し硬さを感じる場合がございます。また、硬式用キャッチャーミットは硬さが残りますが、ブルペンなどで少し使用して頂ければ早 い時期に実戦で使用できます。

 

型付け方法

少しだけ簡単に方法を説明させて頂きます。

  • グラブ型付け機によるたたき
  • グラブ台を使用し揉む、たたく(革を馴染ませ軟らかくする)
  • スチーマーに入れる(直接、蒸気があたらないよう細工して)
  • グラブハンマーでたたき型を整える
  • 革紐、親指と小指の指掛けの調整
  • 仕上げにヒアルロン酸配合のクリームを塗ります

 

実戦型付けのメリットとデメリット

メリット

  • 天然皮革製のグラブ・ミットすべて型付け可能
  • 革本来の良さを生かしながら加工が可能。
  • グラブ本体のカラーが変わらずに加工できる。(若干は変わります)
  • スチーム加工のようにオイルは塗りません。
  • オイルを塗らないため重さも変わりません(仕上げに薄くクリームは塗ります)

デメリット

特にございません。

 

湯もみ加工との違い

湯もみ加工は字のごとくお湯につけて加工します。
久保田スラッガー社の製品は革の性質上、湯もみ加工との相性が抜群に良いですが、それ以外の他社の製品の殆どはお湯につけて加工することをすすめておりま せん。はっきりと湯もみ加工が自社の製品に好ましくないと言っているのは代表的なメーカーでは国内最大手のミズノ社、ハタケヤマ社などです。
当社の『実戦・型付け』はお湯につけずに型付けし革本来の性質を生かしながら揉み・たたき・ほぐし・蒸しの作業をして加工いたします。よって、すべてのメーカーのグラブ・ミットに対応できます。
湯もみ加工ほどしっかりとした型はつきませんが、現時点での加工方法では最良です。
湯もみ加工と実戦・型付けとどちらがおすすめかと言いますと久保田スラッガー社の製品でしたら湯もみ加工ですが、多色使いのグラブ・ミットなどは久保田スラッガー製でも実戦・型付けをおすすめいたします。(お湯につけた際の色の移りが少ないため)

 

加工後のお手入れ方法

特に気をつけなければいけない点はございません。
通常のお手入れを行ってください。

 

補足説明

  • 人差し指を出して使用される方はコメント欄にその旨をご記入下さい。出した状態で加工して仕上げます。
  • 実戦・型付けに付きましては、当社でお買い上げ頂きましたお客様のみとさせていただきます。
  • 加工日数(納期)はご注文後、2日~5日頂いております。
  • 型付けはしてもらいたいけど、少し不安な点がある?などのお客さまはお気軽に電話にてご連絡下さい。
  • 加工後の返品・交換はできません。ご了承の上、ご依頼ください。
  • 他店でご購入された商品の加工は行っておりません。

 

カテゴリー: 匠の技術紹介ブログ, 実戦型付け   パーマリンク