「スパイクのP革加工」の技術ブログを運用していきます。まずは簡単に種類の紹介をします。

 

ウレタンP革

ウレタン製のP革で安くて丈夫。
特に固いグランドにおすすめ。
ウレタンP革のメーカーは基本的にミズノになります。
ウレタンP革 800円(+消費税)

 

革・クギ止めP革

底部分をクギで止めアッパーを縫付けたやり方。
アッパー部分が縫ってあるため砂が入りにくいです。
革・クギ止めP革 1,500円(+消費税)

 

縫いP革

底部分も縫込み、アッパーも縫付けてあるやり方です。
希望によりコバ金も付けられます。
縫いP&コバ金の加工は注文後、3~5日かかります。
縫いP革      3,000円(+消費税)
コバ金付き      3,500円(+消費税)

 

野手向きP革

上記より大きさが小さいタイプとなります。投球時につま先部分のみを擦る選手(野手)に向きます。
加工代金は大きさの大小問わず一律となります。加工方法は投手用、野手用とも同じです。

縫いP革を長持ちさせるためのポイント
画像の光っている部分にコーティングがしてあります。その部分が使用していくと削れてきます。その際に、当ててある革(縫いP革の革)が削れる前に、再度、コーティングをしてください。
コーティング剤はサイトに掲載のシューフィックスを使用ください。塗り方は非常に簡単です。